ペットと暮らす生活 Pet Press

Read Article

バーミーズ

バーミーズ
遊ぶのが大好きで、陽気で楽しいバーミーズは、賢いので人にもよくなつき、穏やかで飼いやすい性格をしています。
鳴き声は小さく、飼い主にかまってもらうことが大好きで、子供からお年寄りまで仲良くなれます。
バーミーズは、ほかの猫よりカラーが淡く、そのため、ほかの品種と同じカラーでも、バーミーズ独特の呼び方が付いています。
被毛は毛は美しい光沢を放ち、欧米ではシャムや人気品種です。
起源は、ビルマ(現ミャンマー)の「ウォン・マウ」というブラウンの雌猫で、アメリカに渡ったウォン・マウは、サンフランシスコのジョセフ・トンプソン博士が譲り受けました。
ブリーダーはこのウォン・マウを、シャムの暗い色のタイプだと考えましたが、トンプソン博士は、別の種と考え、ウォン・マウとシャムを交配することでバーミーズが誕生しました。
1936年に一度公認されましたが、シャムを繁殖プログラムに使用していることから、公認が解除になり、その後、標準を確立することで、1953年に再度公認されました。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)