ペットと暮らす生活 Pet Press

Read Article

バーマン

バーマン
優しく穏やかですが、活発でお茶目な面もあるバーマンは、飼い主に従順で賢い猫種です。
シャムと同型といわれる南方系なので、アンダーコートが少なく、特に夏毛はボリュームがでません。その分、抜け毛が少なく、比較的飼いやすい猫種です。
四肢の先がふっくらと大きくて、そこだけ白い、いわゆるソックスになっているもの特徴です。
ビルマ(現在ミャンマー)の伝説では、サファイア色の目をした金色の女神を祀っていたラオツンという寺院があり、そこで飼われていたシンは、世話をしてくれた僧侶のリーダーが戦争で殺されると、遺体に飛び乗って、四肢の先以外の体を金色に、目をサファイア色に女神に代わって僧侶たちを励ましたといわれています。
その後もビルマで大切にされてきました。
1919年、フランスにペアが持ち込まれた際、雄は死んでしまいましたが、生き残ったシーターという雌から、バーマンが発展したといわれています。
第二次世界大戦によって、絶滅のに危機に瀕した時期もありましたが、ブリーダーの人々の努力により保存され、1966年にはイギリス、1967年にはCFAに公認されました。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)