ペットと暮らす生活 Pet Press

Read Article

ハバナブラウン

ハバナブラウン
1950年チョコレートポイントのシャムとシャムの血を受けた黒猫を交配して作り出されました。
シャム譲りの愛情深さとわがままさをあわせ持ったやんちゃな性格をしていて、運動量の多い猫としても知られています。
社交的な一面もあり、他のペットや訪問者にも友好的に接することができます。
名前の由来は、つま先からひげまで全身がチョコレート色で、寝ている姿がハバナ産の葉巻に似ていることからきているとのことです。
柔らかく光沢に満ちた被毛で、シャムよりも丸みがあり、筋肉質のセミフォーリンタイプの猫でしたが、イギリスでオリエンタルタイプに仕上げようとする一方、アメリカではセミフォーリンが好まれたので、英米で系統的に混乱しているようです。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)