ペットと暮らす生活 Pet Press

Read Article

ラサ・アプソ

ラサ・アプソ
陽気で親しみやすく甘えん坊なラサ・アプソは、チベット原産の犬種で昔から僧侶や貴族の間で育てられてきました。
神聖な犬とされ、飼育者の死後、その魂はこの犬にやどり幸運をもたらすと信じられてきました。
チベット仏教のダライ・ラマは、中国皇帝や皇族にラサ・アプソを献上する習慣があり、中国原産の多くの犬種の基礎ともいわれています。
ラサ・アプソは聴覚が非常に優れていて、来訪者をいち早く吠えて知らせるので、番犬としても務めていました。
西洋には第二次世界大戦前に紹介され、繁殖されるようになりました。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)