ペットと暮らす生活 Pet Press

Read Article

ロシアンブルー

ロシアンブルー
ボイスレスキャットといわれるくらいおとなしく、鳴き声も小さいロシアンブルーは、賢く飼い主に従順で上品な性格ですが、警戒心が強い一面もあります。
はっきりしたルーツは不明な部分が多いですが、現在の北ロシアのアルハンゲリスク州からやってきたロシアン・ショートヘアの原種で、1860年代に、ロシアから商業船に乗ってイギリスへ渡ってきた固体がルーツといわれています。
寒防性の高い被毛はアンダーコートのたっぷりとしたダブルコートで、シルバーのティッキングによってキラキラ輝くように見えます。
当初、目は黄色でしたが、次第に改良されエメラルドグリーンの瞳がスタンダードになりました。
第二次大戦後、一時期数が減少しましたが、アメリカやイギリスでシャムやブリティッシュ・ブルーの血を導入し、スリムな体型に変貌を遂げて、数も増え生き残ることができました。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)